へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
ディープインパクト

浜松にあるB-DAMAさんでDIの試打できるってんで逝ってきました。ブレイクキューが使えないってんじゃ問題外だから、特急で革巻きしてからお店にGO。お陰で着いたのが23時くらいですよ…。早速自分のキューに着けて撞かせて頂く。こういう時にUJって互換性があるから便利だなぁ。普通に撞くと、やっぱ固い。コキンという音だしシャフト自体も固く感じる。思ったより軽い(後述)。早速ブレイク!
ん?手玉ビタ止まり。もう一発。ビタ。…。もう一発ビタ。げげ、ヤバイ買いそうです。既に頭の中で財布の中身と相談してます。むしろ財布出してます。マテマテ落ち着け、借り物だから丁寧に撞いてるし、無意識にセーブしてるせいで上手く行っているだけかも。自分のシャフトに変えて撞いてみる…あ、やっぱ止まるわ。俺のブレイクが素晴らしかっただけ(え。

その後何球か撞かせて頂く。でも、やっぱりイイ。不思議な感じ…。
自分のキューは樹脂タップなのでめちゃんこ固いのですが、DIはブレイクを撞くとそれほど固い感じがしない。なんていうのかな…。ゴルフボールを撞いたらこんな感じかな?超硬いゴム球を撞いた感触っていうんですか。サンプルシャフトは先角茶色のタイプでしたが、これは見易さの点でも良いですね。以前、スレハン(角は黒)を使っていた時、タップで球触りを何度もしてしまいイライラしてました。こちらは白い座も入っていて見やすいので問題なさそうですね。

その後、Aクラスの方と、友人と3人でジャパ。シェイプ&角&タップ交換した新シャフトのデヴュー戦です。ヤパイ。ヤパスギルアル。バランスが全然違う…。そりゃそうだ!シェイプした上に、改造によってウエイトボルトが入らなくなったためにmezz0.5ozウエイトが入ってる。そこでウエイトを購入して何とかしようとマスターに計測して頂いたら、なななんと18.3ozしかなかった(笑)。そりゃ軽いわ…。ウエイトを入れて19.6oz程度に。バランス悪い…。以前と同じウエイトとは思えない。やっぱりシャフトをシェイプしたのが悪かったようだ。でも、悪くない。シャフトは悪くない。ノーマルに比べてしなる。キューも効く!今後が楽しみだ…ってなんでデビュー戦でジャパなんか撞いたんだろ。ウエイト増量後なんとかとんとんまで巻き返し-6で終了。全然勝負に寄れてないや…。ここのお店はジャパの時に何番を誰が入れたかわかる記入方式なので終了時に見てみると、5番は結構取っているのだが、5から9番まで入れたのが殆どない。いくら渋台だと言っても、シャフト変わろうがバランス悪かろうが、入れイチでイレちぎる位の気持ちで撞かないといけないのに「まあシャフト替えたばっかだし、しょうがないよね外しても」みたいな言い訳がましい玉全開でした。

(なぜかこちらのお店でジャパ撞くときは5-9が多い。普段7シンくらいはハンディ貰っているので、気合入れないと大変なことになるです!)

で、結局最後までキューのバランスがしっくりこなくて、泣きの返品交換。先ほどのウエイトを返品、もう一つ短いのに変えました。

まじすみません。
「撞いてて気に入らなかったらまた重さ入れ替えるよ~」とマスター談。優しいマスター&ママさんの人柄で初心者の人も撞きやすいお店だと思います。近かったら毎日逝きたいのだが…。引っ越すか?(マテ

後にシャフトの重さを計測してみた。DIはPB2のシャフトよりも10g以上軽いことになる。パワーブレイクのシャフトからの換装だと0.5ozくらい変わってしまうのでは??前バランスで振りやすくパワーも云々っていうパワーブレイクの売りは全部嘘?ウーン(@_@)。シャフトの10gは持った感じかなり違う。ウエイトを入れなおしたことのある人ならわかると思うが、キュー尻の0.5ozでも違いがわかる。だから、ジョイントより前方で0.5ozも軽ければ持った感じフワフワになる。軽いのが好きな自分には嬉しいことだが…(ついでに自分のキューの重量も計らせて頂いた。ブレイクキューが18.4ozくらいあって、かなりの重量増だ。やっぱデルリンのエンドキャップが相当重いようだ。なんとか18ozを切りたい。ウエイト長を詰めるなどの加工が必要か…。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。