へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
何革にするのよ!

グリップはげはげ

アーイ革ないのに革巻き外しちゃいました。暫くはチャリンコのバーテープでも巻いてしのぐか…。

前半分は、これまで巻いていた緑の革の残りです。後ろ半分はきれいにしました。キッチン用の硬いスポンジに軽く水分を含ませておいて、軽くゴシゴシゴシゴシと擦るとぽろぽろと取れてきます。その後きちんとキレイにしましたよ。ムサシなので当たり前ですが、グリップ部分まで4分割になっています。
でるりn

バットエンドのデルリンはガムテープを貼って、勢いよく「ベリッ!!」とはがすと、キレーイにクリア層が取れました!その後ペーパー(#320)で削っていくと、茶色い粉キタ!削ってって、木の色が抜けたらどうしようかと思いましたが、本物の黒檀でした。牛肉コロッケに豚内臓肉がガンガン入ってる時代ですからね、そりゃ本物か心配になっちゃいますよ。さすがアダムさん、杢目はいまいちだけど、本物使ってて偉いw。

あとはクリアを乗せ直すだけです。

パワーブレイク2

ついでに、パワーブレイク2のジョイント段差消し。元々MEZZのUJは精度が高いんですが、削って塗り直せばホントの段差ゼロ!ついでにシャフトの字を消そうかな?と思いましたが、なーんとなく寂しくなるので敢えて残してみました。(まあバットにはロゴないし、シャフトくらいは、ね)

さて、ここからどうなりますことやら。

スポンサーサイト
デルラー

デルリン一筋

私はバットキャップ=デルリンと決めてます。プレイもブレイクもエクステンションも、全てデルリンです。メリットとデメリットを挙げてみましょう。

メリット

・透け感がタマラン
・滑りやすく耐久性が高い素材なので、イラっときた時に地面をしばいても割れない

デメリット

・接着剤および塗料が乗りにくい

圧倒的なデメリットですね。塗料も接着も効かん面倒な素材なので、プロダクトメーカーはあまり使いません。「アセタールホモポリマー加工」もしくは「酸素プラズマとコロナ放電」で接着剤も効くようにできるそうなんですが、さっぱり意味わかりません。多分、ADAMの人もさっぱり意味わかんないでしょう。

デルリン部だけ塗装せずに鏡面のように磨き上げるという作業をするとよりクールなのですが、アダムクオリティでデルリンの上からクリアを吹いてありますから、1ヶ月ではがれて来てます。この際、気持ちよく剥がして研磨しちゃいましょう。せっかくですから、バットスリーブ(グリップより後ろ部分)のプチリフィニッシュといきましょう。

私、自分どうにかなる作業は自分でする派です。そうなると、ついでの作業はいっぺんに済ませたいもんです。

・プレイキューの革巻き&プチリフィニッシュ
・某某空間で倒されてガリガリになったブレイクキューのリフィニッシュ(場合によっては色も入れるかも)
・プレイキューのシャフトリング部クリア剥離&リペイント

めんどいぞ…。

ブレイクは黒が無難かな?色ムラも出ないし。黒地にシルバーでPB2ロゴ入、革はベージュもしくはワイン系なんかどうだろう。革、ストック分どっかいっちゃった…。知人にも頼まれてるんで、何枚か仕入れておくか。珍しくスウェード巻きにでもしてみようかしら?牛?豚?鶏?シャークスキン?ディアスキン?

なーんて悩んでる時が一番楽しくて実際に作業しだすと

地獄
テング

先日、ジャンプキューなるものを買ってみました。B&Jは使ったことあるんですけど、実は専用ジャンプキューを買うのって初めて。今まではパワーブレイク2を分割して無理やり飛んでました。(MEZZの取説ではジャンプに使うなって書いてありますが、ジョイントもしっかりしているし特に問題ありませんでした。むしろ、ジャンプキューとしてナイスキューの部類に入ります)。但し分解がメチャクチャ面倒なんですよ。そりゃーそうですよ、ウエイトの調整時にしか外さないっていう設計ですから。あのピッチの細かいネジをグルグルグルグ回してる間に何秒かかるか。ショットクロックがある試合なんかじゃ、ルグルグしてる間にファール取られます。仕方ないのでジャンプキュー買うことにしました仕方ないので。というのは嘘で

物欲です。

そんな訳で早速キュー選び。おろろ、いつの間にやらバリ工ーションが増えてるじゃないの。各社2~3タイプは当たり前。ジャンプキューにまで「短距離用」「中距離用」「長距離用」と設けてさながら気分はゴルフ。的場ヒロは「キューは一本ありゃ十分だぜ」って言ってたけど、そんなんじゃ物足りないわけだ。

ふむふむ?「MEZZ・エアドライヴ」ふーむ、こんな斬新すぎて価格やりすぎなジャンプキュー出たんだ~。欲しい(ぇ

でも待てよ…これの目的ってなんだろう?バット+シャフトは普通のジャンプキューなんだろうけれど、ダブルシャフト時は超軽量ジャンプキューになるわけですな?するとシャフトジャンプみたいに飛ぶわけだ。

と、カゴに入れつつ思った。俺ダーツストロークできん。

はっきり言って、ジョリーグッドなガジェットなんだが、実際使うか?落ち着いて買い物カゴから削除。ネットサーフィン上級者。

シャフトジャンプよりも、安定したミドルジャンプが大事じゃん?と、珍しくまともな考えが浮かんだ俺は間、髪を入れずアダムのテングをカートに入れた。守りに入ってるなぁ。守りに入ってるよ。と思うでしょう?

テングのシャフトに菜箸を突っ込む

40 インチ超えてルール上問題なし

ウマー

ほら、エアドライブいらないじゃんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。