へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
ハウ・トゥ・芝キュー

あービリヤードやりてー、矢も盾もタマランもんね!というときにキュー持ってきてない。

そうすると仕方なくハウスキューで撞くんですが、とても苦手です。なんかねばねばして滑らないし、タップっぽいのが付いてたり付いてなかったりするし、尻ゴムが付いてなくてキュー置いたらカツーン!って言ったり、酷いのになると先角がもげてたり、なんなら変な臭(ry

撞きにくいよパトラッシュ

前フリが長くなりましたが、今回はハウスキューを選ぶ秘訣なぞを述べとう存じます。

1.手にとってみて曲がって無い奴を選びます。わからなければゴロゴロしてください。ただ、ゴロゴロしないとワカラン程度の曲がりなら、さほど気にする必要はないでしょう。2mmくらいパタパタする程度ならキニスンナ

2.グリップをしっかり握って、反対の手でジョイント付近をトントンと叩いてみます。ビヨヨヨーンとなりますね。少しの異音ならキニスンナ

3.タップ・尻ゴムはどうですか?尻ゴムは大体押し込んでハマってるだけなので、駄目キューのをくっつける技もあります。タップがないのがあったら、お店の人に渡してあげてください。但し、取れてるのが何個もあるようなら「そういうお店」なのでキニスンナ

4.それでも見つからなければニコイチ(まともなバットとまともなシャフトを探して付ける)してください。

まあどんな汚いお店でも、1~2本はまともなのが見つかります。すべりが悪い場合は軽くメンテしてください。固く絞ったオシボリで拭き、すぐさま乾いた布で磨くと良いでしょう!なお、オシボリ使う場合は必ずお店の人に許可をとって、きちんと絞ってから使ってください。おしぼり業者さんの関係から、キュー拭きを禁止しているお店もあります。その場合は大体キュー拭き用のぞうきんが備え付けられていますので、そちらを使うようにしてください。

ウル技も紹介しとくね。

ウルテク1.お店の人に紙ヤスリ借りて、シャフト磨いちゃう
ウルテク2.お店の人にヤスリ借りてタップのR直す
ウルテク3.ヤスリを借りたりしながら、いつの間にかお店の人にキューを借してもらう

私の場合は3が基本です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。