へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
練習1

いい加減長く書いてきましたが、入門らしく基本的なショットについても触れていきたいなと思います。

ビリヤードを始めて、まずナニの練習をするか。センターショット?

ノン

まず申し上げておきますが、センターショットは難しいです。初心者やC級でセンターショットがポンポン入るのにフリ玉が入れられないよーって言う人は、やや偏って上達しています。例えば、的球をフットに置いて、手玉をブレイクライン上のレール付近(ブレイクで置く場所)に置いてください。これは厚み半分くらいの配置ですが、許容誤差で言えばセンターショットと大差ない玉なんですね。練習でセンターショットを外して「クッソー!俺下手糞!」って怒ってる人いますが、悩まないで!センターショットは難しいんです。外して恥ずかしい玉なんてものはないんです。「まっすぐの基本であるセンターショットが入らずに他のショットが入るわけない。」こんな言葉をしばしば耳にしますが、きれいさっぱり忘れて下さい。センターショットが大切な練習なのは変わりありませんが、もう少し簡単なショットが確実に入るようになってこれば、十分にゲームが楽しめると思います。

で、具体的にどんな練習をするか。始めたばかりなら、まずはクッションにまっすぐ撞いて、まっすぐ戻す練習です。但し、ずっとやってると飽きてきてしまうので、手前短に玉を置いて、手玉ワンクッションで当てる練習なんかも楽しいです。更に、左右に捻ってみて玉がどこに飛んでいくかも確認します。捻りは時期尚早と思われるでしょうが、まずは捻った時の手玉の動きと「撞いた時の感触」を一致させておけば、今後芯撞きの練習をするに当たって「捻りが乗って外した」のか「厚みに向かって構えてない」のか判断が付きやすいってもんです。試してみると、捻った時と真ん中が撞けた時は感触が違うのがわかるかと思います。ここで芯を撞いた感触を覚えておいてください。ドットボールなら、手玉の回転も良く見えるので、練習の際は利用すると良いと思います。

例えば、センターショットで、特にゆるめの力加減で撞いた場合、厚みが合っていてもヒネリがほんの少し乗るだけで外れます。厚玉というのは、厚みに対する誤差は大きいかわりに、ヒネリに対しての許容範囲が狭いのです。

厚玉を練習するときは、特に手玉の中心に向かって構えられているかどうかを意識すると良いです。

短クッション中央から反対の短にまっすぐ撞いて一往復して、手玉が戻ってきた場所が左右1ポイントより外側ならまず入りません。センターショットくらいの配置だと、厚み・方向云々よりも余分なヒネリが入らないように撞くっていうのがイレるために一番大事なのです。

フォームやイレについても書いてみますね。色々えらそうに書いてるんで、勘違いされると困るので再度書いておくと、「ビリヤード入門」カテの最初に申し上げている通り

教うるは学ぶの半ば

のスタンスでやっておりますので、お手柔らかにヨロシクです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。