へっぽこビリヤード日記第二章
キレ刃ノススメ

結局、madojo-sk を嵐ブレイクZに、そしてエルクマスターの汁締めをPB2に付けました。ブレイクキューに変なタップがちょっとしたブームです。

タップナイフを特注して以来、既に5個ほどタップを付けましたが…

最高と言わんければなりませんでしょう?

先角に垂直に当ててグリグリやっても、まったく刃が甘くなったりしません。ブルーすらリンゴみたいに剥けます。タップ交換がまったく面倒じゃなくなりました。2,000円以下で手に入る革包丁もコストパフォーマンスという面では非常に良いものですが、タップ交換自体を楽しみたいという変態な方は、是非とも本格派の革包丁を入手して使ってみてください。ワンランクもツーランクも上の仕上がりをお約束致します!オークション等なら5,000円~で本格派の革包丁が買えます。レザークラフト店でも6,000円くらいからあるかな?青紙スーパー鋼を使っているものは、砥ぐのは難しいですが、きちんと刃が立つと剃刀並の切れ味です。

常にピンピンに砥いで持ち歩いてますので、使いたい方は勝手にキューケースから出して使ってくださいw

続きまして、年末なのでアク解サーチワードネタ
ラピスラズリ

念願のヌォヴァーナ・チンクエを手にしたワタクシは、タップ締めにご執心です。

@150円でエルクマスター10個買ったので、いろんな〆かたをして遊んでみたい。
なぜエルクかと言うと、ブルーダイヤより締まりきった状態が若干柔らかいのがヨイ。

そして、マスターチョークと同じ会社の製品なので、モーストポピュラーなマスターチョークとの相性はグンバツ(※バツグンのおじさんぽい言い方)

まずは比較対象として、オバナの取り説に書いてあるとおりのMAX〆め完成。オバナ壊してやるくらい、渾身の力を込めてみた(男性が全力を出しても壊れないとの文言が取り説にあり)。ピアノのフタで指を挟んだトムくらいペチャンコの奴が出てくるかと思ったら、案外普通なので拍子抜け。

ただ、音・厚み・テカリ等から想像するに、そのへんの10t締めブルーより硬いかもしれませんね。10t締めって言っても、1個のタップに10t/平方cmの圧力を掛けるわけじゃないそうですね。そもそも、圧力よりも圧縮している時間が重要と思われます。そのうち1000時間締めとか作りますからね!


エルクマスター12年・シェリー樽仕込


言ってみたかっただけ

次に、ラウンド〆。タップのRを切り取って、両面平らなタップにする。そこからRジグで〆ると周辺が硬めになるかもしれない。まあ、コンクエストのラウンド締めが市販されているくらいですから、多少なりとも効果はあるはずです。こちらも完成。全体的にも締まってしまったため、特に中央が柔らかい感じもしないけれども、厚みで言えば周辺が重点的に締まっているようです。

次、汁締め。まあ身近な家庭用品の皮革硬化剤でやってみます。皮革硬化剤に2~3時間浸してみた。うんやばい。1.5倍くらいデカく、プヨプヨになってる。幸い横方向には広がっていないので〆れば元に戻ってください?

軽く〆て余分な汁を搾り出します。汁を拭きとって再度〆。搾り出し。ふき取り。
そして最終的に最強パワァーで〆て一晩放置!!

そんなこんなで完成。厚みもいわゆる〆タップくらい、そして深い瑠璃色になっている。んー。
いいんじゃない…すごくいいんじゃない…!!早速タップが取れたハウスキューにでも付けよう

芝キューのバットスリーブに「10時間」とか「牛乳」とか謎のキーワードが。
タッププレッサー

天が人類に与え賜うたタッププレッサーことオヴァーナ5(チンクエ)について

IMGP5718.jpgこれはもう買いで間違いないです。写真をご覧頂ければ一目瞭然の仕上げの素晴らしさ。これを普通に鉄工所で作ってもらったら、一体いくらかかるのかと思うと、あまりのお得感に笑ってしまう。

美しくローレット加工された鋼の表面は、パーカライズドされ黒く艶かしく輝いている。タップを締める、ただそれだけのためにはあまりにも肉厚の鋼は、圧倒的な存在感を放つ。

本体内部のシリンダークリアランスは極めて小さく、シリンダーとピストンの径差は0.05mm以内に収まっているそうである。最早、芸術作品と言っても過言ではない。

オヤジが夢中になるわけだ。
オ・ヴァーナ・チンクエ

パワーブレイクDIや、プレデターBK2など、座が大ブームの昨今いかがお過ごしでしょうか?

座って使っている人少ないんですね。玉撞き始めた頃、どこかのHOWTOサイトで「先角の保護に座を入れる」なんて文章を目にした私は、何を思ったか「座は必須」と思い込んだんでしょうね。 雀百まで踊り忘れずと申しましょうか、今でも座が入ってないとなんかやきもきするんです。

http://blog-imgs-19.fc2.com/m/a/d/madojo2/20071121130108.jpg座の写真

打感がボケると言って嫌う人もいますが、自分はそんな細かい事わからないので入れてます。茶色を愛用しとります。イエローとかレッドとかもあるといいのになぁ。ABS板で作ってみたらどうだろうか??

座を入れると接着部分が2倍になるわけですから、単純に浮きやすさも2倍です。ニバーイニバーイ(知らないか)。座もキッチリ平面を出すべきですし、ハズレの座はポイしましょう。ハズレとは湾曲していたり、ちょうどフチになる部分にエクボがあったりするものです。滅多にありませんけど念のためチェックすると良いようです。

象牙先角などでは座を残してタップ交換するのが普通ですが、自分の場合は座ごと外しちゃいます。そのため、その際は先にタップと座を接着して座付きタップにしてしまいます。2剤エポキシをたっぷり付けて万力でしめておきます。タップを締めるわけじゃないので、シャコマンで十分っす。

これでとりあえず「座とタップの間の浮き」はゼロになります。

〆タップと言えば、最近また尾花さんが尾花5作ってらっしゃるんですね。スゲー買ってしまいたい気持ちです。何しろ、10tブルーって非締めを買うよりも4~500円高いですから、尾花5買っても20個も締めれば元取れちゃう計算です。タップ自作も可能になるし、買おうかなーどうしよっかなー。

タップカッター作るよりずっと実用的だし、周りの人にも喜んでもらえること必至なんだけど、道具マニアのレッテルを貼られた上にさらに重ね貼りされることは間違いない…。

どうか尾花5の写真が、近日中にここにうpされませんように (´;ω;`
マダーチンチン(AA略

シャフトができあがってこん

バットもできあがってこん

嵐ブレイクZが

手足のように操れる昨今、

いかがお過ごしでしょうか? (T-T)


興奮のあまり、侍魂形式になってしまいましたが…。

ともかく、もうかれこれ1ヶ月あまりキューが手元にない状態です。

1.シャフト作成

これメインです。2度目のツノ割れを喫したACSS、引退表明。

やっぱムサシはノーマルシャフトだよねって事で、シャフト注文。
(自分がオーダーするちょっと前まではノーマルシャフトだったハズ)

adamローテクシャフトのVSOPことオールドメイプルシャフトをオーダー。
先ツノはアイボリン3にしようと思ったんだけど、ABS。ちょっとベージュなのが好きでありますw

アイボリン3が良かったんだけど、素材自体が製造中止になっているので、メーカーのストックがなくなり次第終了しそうな気配なのでやめ。

2.リフィニッシュ 

自分でスリーブ側を塗りなおし、革巻きしたばかりなので勿体無いんですが、まあ安いからもののついでに…。業者で革巻きするくらいの値段でスリーブ・フォアアームのリフィニッシュをしてくれるのは国内メーカー製のキューならではのメリットと申せましょう。

どんだけかかるんだろ…。普通シャフトは1ヶ月掛からないくらいだと思うけど。

楽しみ半分、苛立ち半分w
重量キュー

24ozパワーブレイク2、鮮烈debut!

ブレイク練でもすっかと思ったらハナから3連マス。
一人練だからどうでめいいんだけど、まあ久しぶりだったから
嬉しかったので書いただけ。

まだタイミングが掴みきれていないけど、悪くない予感!
ようこそ24オンス!

思ったのは、すごく変な音がするのでタップを少し柔らかいものに
変えようと思う。前はジャンプ兼用だったから、固めのタップにしていたけど、
もう必要ないんだった。

〆プロでもいいし、RDあたりでもいいし。
何がいいかなあ。

ただ、右腕が痛いんですが…肘も肩も。
振り方を考えないと痛めるね…各所を。