へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
顔の位置

キューが左右の目の間に入っていれば良いと思います。まず気をつけることは、顔を水平にするということ。水平でないと立体感がつかみにくいばかりではなく、キューと目の左右の位置関係までも崩れてしまいます。構えた時点で、先玉はキューで狙うものではなく右手で狙うものだというのを強く意識すると良いです。シャフトでライフルのように狙うと、

右のキューか左のキューかわからないよママン
状態になります。

すると、右利きの左利き目なのでうまく構えられません病に掛かります。ちなみに、利き目が右の人は利き目が右なのでうまく構えられません病になってますからご安心を。

まっすぐがまっすぐに見えない、っていう状態は誰もが通る道だと思います。センターショットでまっすぐ並べて、自分ではキューと手玉・先球・ポケットが一糸乱れず一直線になっているつもりなのに、ポケットから50cmくらい離れた場所に飛んでいってしまう先玉。

すると無意識のうちに片目を閉じてゴルゴ状態に突入っ…!

泥沼っ…!


まずは、手玉・的玉・ポケットと一直線の配置に並べてみてください。

置けましたか?

だいたいまっすぐになっていますか。

じゃ、まっすぐに見えていますよね。

構えてから余分な情報(シャフトの視覚)が入ってきて、錯覚してしまっているだけです。右手の感覚も使って狙うようにしてみてください。右手-手玉というラインだけを強く意識すれば、どちら向きに手玉が飛んでゆくか感覚がつかみやすいです。一度キューを持たずに構えて手玉がどこに飛んでゆくか想像してみてください。キューを持ってもそれと同じ感覚で狙えばOKです。

キューと手玉・先球・ポケットを一直線にしようという感覚がそもそも不要です。
センターショットなら、右手で先玉を狙う感じでいいです。

つづく
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。