へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
DIタップ交換完了

DIシャフトのタップ交換を承りました。ニュータップはル・プロなのですが、一応座も残すことにしました。ソニックタップがうまく外れるか心配だったのですが、白座とソニックタップのギリタップ側に刃物を入れて、トン、トンと軽く叩いたら綺麗に外れました。
PBDI
タップはサイドが出て来にくいように、ひと締めしてあります。

ブレイクのタップは、ブルーやプロが好きです。
自分のブレイクは、BK2にエルクマスターです。
タップのRは超まんまるです。ブレイクキューのRは、まんまるが良いです。
スポンサーサイト
偽サンドマン

プロのケースの中身に触発されまして、タップ削り器具を作ってみました。

火起こし系はちょっとした整形には使いやすいですが、削る用途には使えない。かといって紙やすり系はどうもRの具合が良くないってことで、工作タイム。材料は内径25mmのVP管(いわゆる塩ビパイプ)です。

まずは、良い長さにカットします。そして、真っ二つに切断。
切断した部分は鋭くなっていますので、ペーパーを掛けて角を落としておきます。


なんか「スイドウ」とか書いてるので、ペーパーを掛けてやりますw


お好みの番手のペーパーを切り、両面テープを貼っておきます。
厚手のタップを一瞬で削り落とす用途なので、今回は#60を使用。


完成!


ちょうど5円玉くらいの丸みです。r11程度ですね。


ついでに水平出しのジグも作成しておきました。自分のキューは13mm以下なので、13mmのVP管でドンピシャです。あくまでも、刃を中心に保つためだけの目的ですので、刃は固定されていません。刃を押さえて先角にピッタリ当てて使います。即席で紙で作ってたりしてたのですが、今回ついでで作ってみました。


タップ側面締めにも使えます。


とりあえず2個作ったし、まだ10個分くらい材料あるから無くしても安心!!!
    ↑
すぐ店に忘れる人
What's in the Case?

みんな大好きな What's in the Case? のコーナーなんですけど、
これまた動画が増えていたので改めて観てみました。

以前、ケースがパンパンだよ!っていう話をしましたが、世界で活躍するプロのケースの中には、俺の3倍くらい要らないものが入ってるということが判明しました。

1日でタップが無くなってしまいそうなほどのタップ削り具を突っ込んでいるジャスミン

「サインしてほしいときにペンがなくても、私が持ってるから大丈夫!」 萌え

家族の写真がいっぱい、アーチャー


チョーク自重wwwwwww

アスピリン・コンタクト・ベビーパウダー ケースの中はまるで乙女 フェイエン


「エアコンが効いてるでしょ、そうすると頭が痛くなっちゃうの。」 萌え

俺はタップ屋 スーケー


タップwww そこらへんの店より充実してます、まさに小宇宙。

ところで、このキュー立ては本当に重宝しそうですね、売ってたら欲しいです。あと、試合でよく見かけますが、ボールを拭くときなどのマーカーはどこに売ってるのでしょうね。
ピーチ様について

最近では、ようつべだの、ニコニコだので玉動画が見られて幸せです。

自分が今まで見た試合の中で、ベストマッチと言えば、世界選手権2007からゴメスvsピーチなのですが、良クオリティでうpされているのを発見しましたので、再度書いておきます。

プレイリスト

全体的にドラマチックな試合なのですが、17先なためとても長い試合です。お時間がない方は、序盤割愛して28ラックあたりからご覧になると良いのではないかと思います。中盤のシーソーゲームを打ち破ってのゴメスが5連取、 (ゴメス)15-12(ピーチ)となった所からです。

この試合を見てBK2を買ったのは内緒

続きは動画をご覧になったあとでどうぞ(ネタバレあり)

タップとれた

プレーキューのタップが浮いてしまったんです。
先日先角交換に伴ってNEWタップとなったばかりなのに、またも打球時に異音。
案の定、座とタップの間にすきまができてました。何のために工賃500円払ったんだろう。

以前の記事で紹介しましたが、ダントツで座入れる派です。先角・赤座・ブルータップの俗に言われる

トリコロール派

…そういえばトリコロールってフランス語で「三色」っていう意味だそうですね。
転じてフランス国旗という意味だそうで…

-国旗について調べること20分-

オッス! オラ、国旗博士!!!!

日の丸というのは、結構歴史が古いんですね。諸外国と違って、国の入れ替わりなどが無かったから、ずっと国旗が変わらなかったのでしょうね。アメリカ国旗なんて、星が州の数になっているため、なんて中途半端な州の数の時なんかは凄い違和感です。

 ね。

wiki調べてて思ったんですが「国の標語」というのが正式にあるんですね。

In God We Trust(我々は神を信じる:アメリカ) 
PATRIA O MUERTE(祖国か、死か:キューバ)

みたいな。格好良い!

つまり何が言いたいかというと、

もっとボンド付けとけこのファック野郎

さて、どうしよう。せっかく何十時間か撞き込んで、調子の出てきたタップを外すのは誠に忍びない。なんとかそのまま使いたい所です。てゆーか、タップ800円・工賃500円の超高級10tプレスだから捨てるに捨てられない。いえ、ケチではありません。いわゆる3Rの一つ、リユースです

まずは、隙間にボンドを流し込む作戦です。

手がベトベトです

これほどベトベトになったのは、中学の時に卓球のラバーを張り替えた時以来です。それなのに、全然隙間に入っていきません。スキマに接着剤を流す方法は諦め、一旦タップを外す作戦に変更します。どうやって外そう・・・?と考えながら引っ張っていたらポロっと取れました。

これアラビックヤマトで付けただろ!!

ずは、角とタップの平面出しを行います。そしてタップをタッププレッサーで軽く締めます。そうすると、タップの直径が0.5mm位ほど広がります。それだけ余裕があれば、なんとか付け直しができます。で、接着・形成と。

昨日撞いて参りましたが、快音復活です。
やっぱタップはしっかり接着しないと、精神衛生上ヨロシクないですね。

自分で付けるのが、一番安心です。

タダだし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。