へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
まんまるな理由

自分のBK2、タップはエルクマスターでRはプレイキュー以上のまんまるです。MEZZのタップツールのRでは計れないほど丸いです。ブレイクキューのタップはゆるめのRっていうのがセオリーですね。自分もそう考えて、結構平らに整形していました。



平らに整形した直後って、なんだか当たりが悪い気がしていたんです。そうして、色々削ったりタップ交換したりして試した結果、丸くすれば丸くするほど当たりが安定することに気が付きました。

なので勝手に後付けで理屈を説明してみたいと思います。全部、フィーリングだけで書いてるので
物理的にどうこうっていうのは全無視の方向です。詳しい人がいらっしゃいましたら、是非フォローをお願いします。

さて以下の図は25cmほどのレスト距離から3度コジった図です。
いわゆる2ヒネリほど入った状態でしょうか。

タップのR2
サムネイル見づらいですがクリックで拡大します

まずは良くあるタップが平らな方が良い理由です。つまり、同じだけコジっても、手玉の中心近くをとらえることができるというものです。余分なひねりも乗りにくくなります。同じだけコジっていても、丸いタップが付いたキューでは、だいぶヒネリが乗ってしまっているようです。

確かにこの図だけ見ると、その通りです。

まったく同じコジリの図ですが、シャフト側から見たらいかがでしょうか?

タップのR3
クリックで拡大します

シャフトからすると、この位置で手玉をとらえている事になります。
平らなタップ、こんなハジッチョで撞いて、パワーが乗りますか?
それに比べて丸いタップは、キューの芯近くで球をとらえる事ができています。

これは、左右のコジリだけではなく、上下に撞点がズレた場合にも同じような事が起こります。

ちょっと撞点を外したときに、ミスキューのような感触と、パチャッという音でダメダメブレイクになる事が多かったのですが、タップを丸くしてからそのような事が殆どありません。

つまり、パワー重視=丸め  コントロール重視=平ら

と概ねこのように言えるでしょう。

が、昨今便利なものでプレデターBK2というブレイクキューがあります。撞き点が多少ずれてヒネリが乗ろうと、1番にバッチリ当たるというイカサマブレイクキューです。そうなってるくると最早タップを平らにする理由がないんですよね。

実際、BK2を買うと最初についてるタップって、目の錯覚かと思うくらい丸く整形されているんですね。
彼らも314には丸いタップが良いことに気が付いたのかな?(なぜか上から目線)

ただ、当然ながら少しの撞き点のズレで押し引きがかかりやすくなりますので、その点注意が必要です。

最近どうも当たりが悪いなあ・・・という方はブレイクキューのRをチェックしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。