へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
キューリペア上がってきました。

今回は写真入りで。
アダムのエンドキャップ改造。ピチっとmezzゴムが入っております!実際見てみると全然違和感なかったです。案外この見た目好きかも…。前回の写真と見比べてみて下さいm(__)m
ジョイントのネジくらいしか原型とどめていませんが、mezzパワーブレイク2です。バットのロゴ消えちゃってます。あ、でもシャフトに書いてありますから安心してください(何)。横にころがってるトローチみたいなのが、ジョイントのスペーサーです。ウエイトリングの代わりにはめます。ジャストサイズなので、はめると振っても落ちません!(゚Д゚)ビューティー!!
今回色々作業して頂きましたが、メーン作業となりますのが「先角交換」です。titan樹脂だそうです。白ッ!アメリカのおみやげのキューくらい白ッ!ちょっと安いキューっぽくなって、すごく気に入りました。赤い座とあいまってお土産臭がプンプンします。
特大画像でモーリSの全てをご覧あれ。使うときは側面で積層4枚くらいに削ってしまいます。それでも厚くて違和感があるくらいで、最高の状態は2~3枚程度になったときです。ところで、モーリって寿命がわかりにくくないですか?先日、3年ほど付けっぱなしのモーリ(なにしろモーリMHですよw)が付いたシャフトを使ってみましたが、別に普通に撞けました。やっぱり削るとカサカサしててチョークは乗りませんが、驚異的な持ちですね。なんか替えどきがわからず、薄すぎかコレ?ってなるまでは使ってます。
グリップの落とし込み部分です。通常は塗装で見えませんがフォアアームと同じコンポジットウッドですね。こちらもしっかり青い木ですので、フォアアームと続きの木なのかもしれませんね。
こんな感じでキレーイにストライプになっています。ランブロスやメウチのラミネートシャフトみたい。これ見てたら手持ちのラベンダー色の革巻きたくなりました。本当は黒にするはずだったのですが…。
これを使うと革が普通じゃなくキレイに切れます。(紙を裁断するやつです!)上に乗ってるラベンダー色の革を巻いてみます。まあ簡単に巻きかえられますから変な色を巻いてみるのも面白いでしょう!(といってプレイキューに巻いたグリーン革はかれこれ3年目突入w)で、実際に切った断面がコチラ↓
厚さは0.6mmほどです。もう一枚重なっている白いのは型紙のコピー用紙です。型紙をセロハンテープでくっつけて、パシっと裁断です。やべえ、ちょっと届かないかも!っていう程度小さめに切るのがコツ。革は貼るときにビヨーンと伸びます。
テープで仮留めしてみました…ダサッ!! これだけダサければ誰にでも一発で覚えてもらえるでしょう。うーん、やっぱ黒にしようかしらん…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Comment
≪この記事へのコメント≫
ディープインパクト
時々お邪魔する玉屋さんでMEZZ・DIシャフトが試打できるそうな!即日行くしか!どんな感じなのかな?なんだかこのシャフト全然情報がない。弾力がある感じだといいなぁ。でも、今はジャンプキューがないので、ジャンプが飛ばないと困るなぁ・・・って、買わないよ!?( ̄□ ̄;)!!
あぶねえあぶねえ。 気になるタップのあたり観察します。シャフトも若干ノーマルとは違うとか。実ば最近出た廉価版ハイテクなのかもね。WDだっけ?しかもパワーブレイク用の重さらしいのね。(2よりパワーブレイクのほうが少し重いそうです)ってことで電車も着きそうなので、行ってきます!( ̄~ ̄)
2005/12/26(月) 20:47:12 | URL | まどぢょ@電車 #mQop/nM.[ 編集]
titan
ツルピカ白!って感じ.
バットエンドも純白ですね.

モーリの寿命っすか… 僕は鉄ヤスリでゴリゴリするの好きだから割と何使っても短いっすね(笑)
革は自分で巻くんすか?
なんか旋盤あったら全部自分でやりたそうな勢いですね(笑)
尊敬ッス.
2005/12/27(火) 00:17:50 | URL | Sou #GIu29ikI[ 編集]
そうなんです!先ヅノが思ったより真っ白でビックリしました!
早速インプレですが、すごく硬いです^^;;。モーリSが座付きで付いているのに「コキン」という打感&音です。うーん、これは好き嫌いありそうです。私は…ファーストインプレッションでは厳しそう!でも、慣れもありますね。シャフトが少し細くなったのも関係しているかも知れません。プロテーパーは不可能というACSSをあえてシェイプしました。打球感は悪くなりましたし、芯のハードショットは少し暴れますが、かなり切れます。

先球穴前1P・手玉手前短レール際というロング直引きと、センターショット延長線上で2P-2Pの直引きの2種類をリファレンスショットにしています。どちらも普通の強さで短まで引けました。パワーがないといってもこれだけ引ければ問題ないです!もうちょっと撞きこんでみます。先ヅノの素材でこれほど変化するとは驚きました。

で、肝心の革ですが…黒にしましたm(__)m。でもちょっと普通すぎたので飽きたらやります、ラベンダー(笑)。革巻きはカットがどれだけキレイにいっているかが合わせ目が目立たないコツだと思いますが、
前回の断面写真くらいピシっと角が立ってきれていると、あとは適当に巻くだけで継ぎ目は消えますv(゚Д゚)v
2005/12/28(水) 13:27:08 | URL | 革巻き #oyrireJc[ 編集]
じゃぁ
v(゚Д゚)v …
じゃぁ次回からまどぢょさんに頼むしかないですね(笑)
2005/12/28(水) 17:24:25 | URL | Sou #GIu29ikI[ 編集]
v(゚Д゚)v





Σ(´Д`)
2005/12/28(水) 17:54:16 | URL | まどぢょ #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして。お邪魔致します。PB2の加工はお幾らぐらいしたのですか?
2006/01/06(金) 07:30:23 | URL | #-[ 編集]
改造費
どもども!コメント頂きありがとうございます。結局黒の革巻きにしたヘタレ a.k.a. まどぢょです。
加工代は以下のとおりです。

デルリンキャップ 8,000円
グリップ     4,000円
ホワイトリング  1,500円
--------------------
合計     :13,500円

言うと恥ずかしいですね、こんな改造に費用をこれほど掛けるとは…。ちなみに塗装無しのグリップ巻きなしです。PB2はエンドキャップが短く、そこに接着剤のきかないデルリンのキャップを付けるため、ウエイトボルトで締め付ける方法になっています。私みたいに軽いのが好きな方ですとウエイトボルトレス仕様にできないというデメリットがあります。それに加えて気を付けないといけないのが、かなりケツが重くなります。以前17.5ozに迫る勢いの超軽量ブレイクキューでしたが(何せ立てキューするだけで楽々ジャンプショット可能w)、現在は19ozを超えています。動画の通り、ブレイクで玉跳んでませんが、以前ノーマル19.5ozで使っている時はドッカンドッカン跳んでました。ウエイトを抜いて17.5oz仕様にして跳ばなくなりました。しかし今回19oz以上に戻ったのに、全然手玉が暴れません。パワーブレイク1だとクソ跳びます。私には前バランスのブレイクキューが向いてないみたいですね。リペア業者様ですが、こちらに書いていいかどうかわからないので書くのはやめておきます。工賃なども晒してしまっていますし。どこの業者さまも行っている加工で、さほど工賃も変わらないと思います!また不明なところがあったら、遠慮なくコメントでご質問下さい!
2006/01/06(金) 15:30:10 | URL | まどぢょ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。