へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
タッププレッサー

天が人類に与え賜うたタッププレッサーことオヴァーナ5(チンクエ)について

IMGP5718.jpgこれはもう買いで間違いないです。写真をご覧頂ければ一目瞭然の仕上げの素晴らしさ。これを普通に鉄工所で作ってもらったら、一体いくらかかるのかと思うと、あまりのお得感に笑ってしまう。

美しくローレット加工された鋼の表面は、パーカライズドされ黒く艶かしく輝いている。タップを締める、ただそれだけのためにはあまりにも肉厚の鋼は、圧倒的な存在感を放つ。

本体内部のシリンダークリアランスは極めて小さく、シリンダーとピストンの径差は0.05mm以内に収まっているそうである。最早、芸術作品と言っても過言ではない。

オヤジが夢中になるわけだ。


早速一つタップを締めてみたが、一箇所だけ気に入らない点があった。タップの接着面が接する平面が、切削されたままなのでタップに同心円の紋様が写ってしまうのだ。これでは画竜点睛を欠くと云うもの、早速砥石で平面を出してみた。仕上がったタップの底面はさながら鏡面のごとし、そのまま接着して問題ないレベルに仕上がりました。

ACSSにつけているタップがハズレだったので、ブレイク用に使いまわす事にしてみます。まずはタップを取り外し、底面を平らにしてプレスして14mm径に広げてしまう(力技だけど、どうせコチコチに締めるので関係ナッシン)。かなり薄くなるので座を接着してプレス。本日放置している所です。PB2に付けて見ようかと思っています。

今後は皮革硬化剤や、自作タップにも挑戦したいと思います。

スーパーボールでタップ作ってる記事を、以前どこかで見かけた覚えがあるんですけど、知りません?もう一回見たいんですよね…。

ってか作るか
Comment
≪この記事へのコメント≫
自作タップ
ヤフオクの出品画像よりも質感がカッコよく撮れてますね!

「まどぢょさんのタップは珍しい色ですね~。何ていうタップですか?」
「シャネルの10t締め、鼻しぼりの牛乳浸しです」
「Σ(゚д゚;!!!」
作っちゃ駄目ですよ。え?フリじゃないですよ~。

追伸.まど「ぢ」ょなんですね。まど「ち」ょさんだと思ってました。
2007/12/25(火) 17:19:37 | URL | 働きマン #-[ 編集]
アレ締め
コメントありがとうございます。ビリヤードに関するくだらないグッズを無駄なクオリティで撮影することに全情熱を傾けるまどぢょですw
キャメラはPENTAXの*istDSを愛用しております。今回のレンズはSIGMA 18-50mm 1:2.8 DC EX macroです。まだどうでもいい情報を公開しました…。

さてさて、タップについては携帯でチェケして不覚にもパブリックプレイスで吹きましたw 

今朝取れたて近江牛の8層レイヤード モーリ風味のビシソワーズ・トマトのジュレ添え

等を目指して日々精進いたします!
2007/12/26(水) 11:49:56 | URL | まどぢょ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。