へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
砲丸投げを超えろ!

メ・メールボックスがパンクしちゃう!

しゃーないのー

そんなにリクエストされちゃしゃーないのー

3のキュースピード編に突入致します。

それも自宅でできる手軽なやつね!


ダンベルカールまず外せないのがこれでしょう、ダンベル・カール。持ち手を縦にしてダンベル・ハンマー・カール。
もうキューを振る動きそのものです。


ラタラルレイズ引きつける力を生むラタラル・レイズと
  

ダンベル・プレス押し込む力を養うダンベル・プレス


ダンベル・ロー腕のブレを防ぐためにダンベル・ローとプッシュ・アウェイプッシュ・アウェイ



これで貴方も



ba1263f078dc964fd17e20258f336cea.jpg 

モテモテ


拮抗筋を鍛えるのも忘れないで!
上腕二頭筋を鍛えたら、三頭筋もね!!


余計な筋肉を付けたらスピードが落ちるという話を聞く。
そんな事は決してありません。

同じように鍛えているなら細い方がスピードが出る、というのならば、ライト級のボクサーがヘビー級のボクサーよりも速いパンチが打てることになってしまいます(実際は、パンチの速度自体は大して変わらない)。

体脂肪率20%前後、身長170・体重60kgほどのいわゆる中肉中背の人が、体重100kgのランディ・ジョンソンに対して「余計な筋肉を付けるとスピードが落ちますよ」とか体重88kgのタイガーウッズに「余計な筋肉を付けるとヘッドスピードが落ちますよ」とか言ったら、あまりに滑稽ですよね。

スピードが落ちるというのは、モテモテになる(写真参照)ほど筋肉が付いてからの話であって、簡単なダンベル運動と通常の食生活で付く程度の筋肉は、いくらあっても問題ないはずです。普段運動していない自分達なら、むしろ引き締まって細くなるくらいのものでしょう。

健康なボディで鋭いキレを手に入れてください。

で、ここまでは全部ネタね。筋トレとか超めんどいし絶対やんね。 

筋肉無視方面での引ける方法を考えましょうよ。

たとえば、ここにソフトボールがあります。これを軽く投げてみます。
左足を一歩前に踏み込んで腕ごと大きく振って、
腕が真下に差し掛かった辺りから二の腕を曲げ、
最後はスナップと指でエイヤと投げます。

これを、スナップも腕も振らず 肘から下だけで投げようとしたらキャッチャーまで届きません。

では、今度はビリヤードの構えからキューをキャッチャーに向かって投げるイメージをしてみます。
既に左足は一歩前に出ていますから、そこからエイ 壁グサッ という感じで。

これでキュースピードブンブンです。

撞くタイミングは右手が垂直になった少し後がいいですね。
腕でキューを"押す"力が使えます。

キュー先を動かないように長クッションにでもくっつけて構え、キューを押し付けます。
一番力が入れやすいグリップ位置を目安にすると良いのではないかと思います。

考えてもみてくださいよ、砲丸投げ選手なんて256オンスの鉄球を時速40km/hで投げるんですよ!
いくら貧弱な我ら一般市民といえども、20オンスのキューで40km/h出すなんざ余裕・・・なの?
Comment
≪この記事へのコメント≫
ちょwグロ自重
イキナリフイタw

今年の目標はモテモテで行こう!(ぉ
2008/01/05(土) 22:06:29 | URL | みんみん #hy9433ho[ 編集]
おおっ
ダンベル買いにいこうかな?
2008/01/06(日) 09:30:03 | URL | jaco #sSHoJftA[ 編集]
そっちかw
ちょ、あなた方はなぜ作戦Aを採用するですかw


モテモテになっちゃうよ?(´・ω・`)
2008/01/06(日) 13:53:16 | URL | まどぢょ #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。