へっぽこビリヤード日記第二章
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
バンキング

プレイに際してまずブレイクを決めるわけですが、皆さんごぞんじのバンキング、もしくはジャンケンで決めます。ジャンケンの場合、「最初はグー」方式か否かを最初に確認しないとグダグダになるおそれがあります。予めはっきり「最初はグーでいいですか?」と確認すると良いでしょう。「最ー初はグー」と言いながらパーを出して場を和ませるテクニックは空気を読む力が非常に重要です。まずはグーをオススメします。

セットマッチの場合は、バンキングでブレイク権を決めることが多いです。

バンキングとは、プレイヤー2人が同時にブレイクエリア内からフット側の短クッションに向かって、 1往復の力加減で撞きます。フット側短クッションに当たって戻ってきたボールは、 強い場合は更にヘッド側短クッションに当たって戻っていきますが、 最終的に停止した位置がヘッド側短クッションから近い方のプレイヤーがブレイク権を得ることができます。

あまり本に書いてない気を付けること。バンキングはテーブルを半分づつ使うので、左右を決めなければなりません。 これは自由に取っていいので、さっさと自分の好きな方にどうぞ。 どちらかがサウスポウの場合は自動的に右側にサウスポウのプレイヤーが入ります。逆だと体が当たって構えられないからです。 私は普段左利きの人と撞くことが非常に多いため、殆どのバンキングは左サイドから行っています。そのため、 右サイドでのバンキングは非常に違和感があります。左利きの人はいつも決まったサイドで撞けてお徳ですねw。

相手と自分のボール2つは、1~8のいずれかを使ってください。公平を期すため、どちらかが手玉を使うことはせず、 両者とも的玉を撞きます。じゃまな玉は真ん中に集めるか、ポケットに入れてしまいましょう。そして「お願いしまッス!!」 と店内全員に聞こえるよう発声します。
バンキングは同時に撞いてください(遅くても相手が撞いた球が向こうの短クッションに届く前に)。さて、いかがでしょうか。どちらの玉がポケットに近いでしょうか?え、同じくらい?ハイそこ、お札出さないの。あれは漫画の中だけです。見てわからない場合は「計測」→「第三者判断」→「もう一度バンキング」という手順を踏みます。ボールを並べて隙間が何個分空いてるか計ったり、メジャーを出したり、「おーい、○○君、これどっちが近いと思う?」ってやるワケですが、いかんせん格好悪いんですねコレは。そんなことやってる間にもう一度撞いた方が早いです。ま、パッと見てわかりにくければさっさとボールをどけて「ウワーちょっと弱いー(強いー)負けたー」といいながら相手にブレイクを譲りましょう。ビミョーに自分の方が近いんじゃないコレと思ってもゴネたりせずに、目視ではっきりと判断がつくまでやりましょう。今までの最高引き分け回数が2回です。99%以上の確率で2回バンキングを撞けば結果が出ます。

但し、試合の時は適当にせず、きちんと第三者に判断してもらってください。

初心者の場合はバンキングがうまくいかないから…と言ってジャンケンで済ます傾向にありますが、初心者の時からバンキングに慣れておくと役立つはずです。強い人が相手だと、ただバンキングを取られただけで一気に2-0や3-0にされることもしばしばですから、バンキングで勝つのも重要です。

実際のバンキングはフット側からするのが普通です。ヘッド側からやるのはプロの試合しか見たことありません。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。